スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン英会話、こんな使い方もあったのか

個人的な趣味ですが、私は漫画の二次小説を書いています。

自分のブログはもちろん、色々な創作サイトにも作品を登録をしているのですが、つい先日、海外の二次創作サイトを発見しました。あるのは知っていたのですが、ほとんど英語だったので特に読む事もなく意識すらしていませんでした。

ですが、ふっと思ったんですよね~。海外の漫画ファンとも仲良くなりたいなって。彼らの書いた作品も読めるようになりたいって。

興味のあることでないと続かない……でも興味のあることなら頑張れますよね。

遊び心で登録を済ませて、簡単な自己紹介文を載せたところで 思いました。

「私も英語で小説を書こうかな」


こんなこと今まで考えた事ないですよ^^;)
英語日記だってすぐに飽きて一週間も続かなかったんだから。


まずはすでに書いてある短編小説を英文に換えよう。二次創作だから、読むのはファンの人。

キャラクターの性格や生い立ちは説明しなくても分かっているはずだから多少抽象的になっても分かるはず…(←本当か?)


どうなるか分からないけど、とりあえずやってみよう♪


でも自分の作った英文が本当に伝わるのかどうか確認したい……どうしようかなと思ったのですが、
こう言う時こそ、自分がいまチャレンジしているオンライン英会話を利用しようと思いました。

スクールにもよりますが、色々なレッスンがあります。
私の場合、フリー会話レッスンを予約しました。そして、あらかじめ先生とメールで相談して、小説を添削をしてほしいとお願いしたところ、OKをもらいました。


ほとんどの先生は日本語を話さず英語オンリーなんですけど、日本語にも興味のある若い先生(日本の漫画好き)なので、日本語と英語の文章を両方とも送ることで 対処してくれることになりました。

すごく乗り気なのが嬉しい。すっかり日本語を話さない講師に慣れたので、「こんにちは」とか「ちょっと待ってね」とか日本語で言われるとすごく驚く…^^;)


今日は5分の1くらい完成したかな~。男のキャラクターなのに「この子は女の子なの?」と聞かれてしまった……。cuteだなんて使ったからかな。もうちょっと考えよう。

ついつい、あれもこれもと欲張ってしまい、分かりにくい文章になってしまいました。シンプルが一番だなと反省しつつ残りも続けていきたいと思います。

完成したらUPするぞ~!
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。